LaLaport/LAZONA
  • HOME
  • PEOPLE
  • [スタイリスト 横山麻里] 素敵を作るファッションのスペシャリスト
PEOPLE

[スタイリスト 横山麻里]
素敵を作るファッションのスペシャリスト

2017/6/30

『VERY』『mamagirl』などの雑誌をはじめ、ららぽーととラゾーナ全館で配布しているファッション冊子などでも、レディス&キッズファッションのスタイリストとして活躍する横山麻里さん。シンプルで好感度が高く、機能性も持ち合わせたスタイリングに定評があります。プライベートでは、長男が生まれて2ヶ月目に産後初仕事をこなし、現在は2児のママとして仕事と育児を両立。そんな横山さんに、自分に似合うファッションの見つけ方や、ワーキングマザーならではのファッションの楽しみ方についてお聞きしてきました!

人気スタイリストが考える、
「似合う」の基準

――自分に似合うファッションって、どうやって見つけたらいいのでしょうか。

横山麻里(以下、横山):「自分のことがわかっている人」ほど、似合う服や着こなしを見つけるのが上手。自分がどんな顔立ちをしていて、背丈はどれくらいで、どんな雰囲気に見られることが多いのか、客観的に知っていることが大事だと思うんです。私は人からよく甘い印象に見られがちなんですが、服も甘いテイストでまとめてしまうとメリハリがなくなってしまう。なので、存在感のあるバングルやポインテッドトゥのパンプスなど、辛口の小物でスパイスを加えるようにしています。

――「似合う」を見つけるためにすぐに実践できることがあれば、ぜひ教えていただきたいです。

横山:好きなものと似合うものって、必ずしも同じとは限らないんですよね。好きなものだけを選んでいると、似たような色やデザインのアイテムばかり揃って着こなしがマンネリ化してしまったり、もっと似合う服があるのにそれに気づけなかったりします。そんなときは一度クローゼットを見直してみるのがおすすめ。持っているものと持っていないものを整理するだけでも、自分の今のファッションを客観的に知ることができます。自分の傾向がなんとなくわかったら、ウィンドウショッピングをして色々なディスプレイを見たり、普段は買わないブランドを覗いてみたり、旅行先で思いきって新しいコーディネートにトライしてみたり…。そうやって、自分なりにしっくりくる着こなしや周りから褒められる着こなしを探っていくことで、本当に「似合う」ものが見えてくるのではないかと思います。

スタイリングするときは、
トレンド×年齢×TPOを意識

――スタイリングのお仕事をするとき、心がけていることはありますか?

横山:トレンドはもちろんものすごく意識します。でも、同じくらい重視するのが、着る人の年齢や着るシチュエーション。例えば今シーズンはオフショルダーがトレンドですが、年齢によっては品がなく見えてしまうこともあります。一方で、同じ年齢でも普段使いではなく旅行先のリゾート地で着るなら、素敵に若々しく着こなせる可能性も。バランス次第でスタイリングの見え方が変わるのは、この仕事のおもしろいところであり、難しいところですね。

――スタイリストとして独立して13年とのことですが、スキルアップのための工夫などはしていらっしゃるのでしょうか。

横山:今でこそ頭の中でスタイリングをイメージできるようになりましたが、駆け出しの頃はいつもリース先で「何を借りよう!」とパニックになっていました(笑)。こういう場合にはどんな色や素材やデザインのものがマッチするか、パンチが足りないときはどうすればいいか、自分の中にたくさん引き出しがないといいスタイリングはできません。今でも、1日に何度もスタイリングするときは似たスタイリングが続きそうになってしまうことがあるので、色々なジャンルのショップや雑誌を見たり、友達に会ったり、旅行をしたりして、インプットを欠かさないようにしています。

ママになってさらに実感した、
ファッションの楽しさ

――お子さんが生まれる前と後とで、ご自身のファッションに変化はありましたか?

横山:今、子どもが2人いるんですが、出産前とくらべて服装はやっぱり変わりました。自転車でお迎えにいくのでフラットシューズを愛用するようになったり、抱っこしたときに子どもの顔が触れてもいいようにコットン素材を選んだり。でも窮屈さはそんなに感じていません。子育てしやすさを重視しつつもデザイン性のあるものを選ぶとか、小物で盛り上げるとか、自分なりに楽しみながら工夫しています。おしゃれなだけでなく機能性も備わったスタイリングが以前より得意になりました。

――お子さんの服選びは横山さんが?

横山:はい、それも今の楽しみのひとつです。仕事でキッズのスタイリングをするときもそうなのですが、子どもらしいアイテムはひとつにとどめて、あとは大人が着るようなものをあえて合わせることが多いです。ライダースジャケットを長男と私とでおそろいにしたり、最近は次男もセパレートを着ることができるようになったので、兄弟でTシャツを合わせたりして楽しんでいます。仕事と子育てを両立させるのは大変ではありますが、スタイリストとしての経験は子育てに、ママとしての経験は仕事に、とてもいい影響を与えてくれていると思います。

【 横山さんの
マストハブアイテム 】

リース先のブランドなどの連絡先を書き込んだファイル。スマホではなくあえて手書きで管理しているそう。「独立してからずっとこれを使っているので、絶対に失くせないですね(笑)。キャリアを重ねるにつれてページが増えていくのが嬉しいです。」

PROFILE

横山麻里 | Mari Yokoyama
スタイリスト

女性誌や広告を中心に活躍中の人気スタイリスト。
上品で好感度の高いスタイリングに定評があり、
ファッション業界にもファン多数。
プライベートでは2人の男の子のママとして、
日々の育児に奮闘中。