LaLaport/LAZONA
  • HOME
  • SPECIAL
  • お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
SPECIAL

お気に入りのニットを長く着るには?
ニットケアにまつわる6つのQ&A

2017/9/01

夏が過ぎたら、ニットの季節が到来。お気に入りのニットほど着る頻度も高くなりがちですが、皆さんはいつもどんなお手入れをしていますか? 特に何もせず着用したままにしていたり、間違ったケアをしていたりすると、ニットの寿命はどんどん縮まってしまいます。そこで、創業111年を迎えた大手クリーニング会社「白洋舍」さんのご協力のもと、プロの目線から正しいニットケア方法を教えていただくことに! 繊維製品のケアに精通しているクリーニング事業部の谷村さんに、気になる6つの疑問を投げかけてみました。

お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
着たあとの「ブラッシング」が、
ニットをきれいに保つ秘訣です。
ニットは自宅で洗濯できないものが多いですよね。水洗いできる素材でも、頻繁に洗うと傷んでしまう可能性があるので、1回着てすぐに洗濯……というのはあまりおすすめしません。

ニットを脱いだら、熱気や湿気を取り除くために少し休ませます。そして、馬毛か豚毛の衣類用ブラシで、編み地に沿って優しくブラッシングしていきます。そうすることで着用中に絡まった毛羽がほぐれ、毛玉になりにくくなるんです。豚毛より馬毛のほうが柔らかく、カシミアなどのデリケートな素材にも使えるので、まずは馬毛ブラシを1本用意してみるといいと思いますよ。
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
ウール素材なら
「スチームアイロン」が効果的です。
ウールには、湿気があると繊維表面のうろこが開き、乾燥すると閉じるという性質があります。呼吸をしているようなイメージですね。そのためスチームアイロンで湿気を与えると、匂いも一緒に飛んでいってくれるんです。衣類用の消臭スプレーでもいいのですが、スチームアイロンのほうが霧が細かいので、衣類全体に水分を行き渡らせることができます。

ホテルに泊まっているときなど、スチームアイロンが手元にない場合は、入浴後のバスルームを利用するのもOK。湿気を与えたあとに風通しのいい場所で乾かせば、匂いもシワもとれて一石二鳥です。
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
洗剤のラベルの「用途欄」は必ずチェックしてください。
自宅で洗濯できるニットの場合は、素材に合った洗剤を使って洗濯します。洗剤のラベルの用途欄に、「綿」「毛」「合成繊維」など適した素材が書かれていますので、必ずチェックするようにしてください。通常の洗剤は洗浄力を高めるために酵素が含まれていますが、いわゆるおしゃれ着用の洗剤には酵素が入っていません。

脱水のしすぎはシワのもとになるため、本来なら脱水前に洗濯機から出してタオルドライするのがベスト。ただし、けっこう手間がかかるので、時間がないときは乾いたバスタオルに包んで脱水するのがおすすめです。ハンガーにはかけず、日陰で平干しやM字干しすると、型くずれを防げます。

ニットをふんわり仕上げたいときや静電気が気になるときは、洗濯のすすぎの際に柔軟剤を少量入れると効果的です。
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
水で濡らすのはNG。「乾いたティッシュ」をギュッと押しつけます。
シミがついたときは、つい濡らしたティッシュやハンカチで拭き取ってしまいたくなりますが、水分が加わるとシミがさらに広がってしまうのでNG。乾いたティッシュを2枚用意して、1枚をシミ部分の裏側に敷き、もう1枚を上からギュッと押しつけます。それを何度か繰り返すと、シミがティッシュへ徐々に移り、だんだん薄くなっていきます。

醤油やコーヒーなどの水溶性の汚れであれば、最後にティッシュを濡らしてポンポンと押さえれば、シミはほとんど消えるはず。カレーやミートソースなどの油汚れは、シミ抜き用洗剤をなじませて洗濯します。水洗いできないものはクリーニングに出しましょう。

いつの間にか染みついてしまったファンデーション汚れなどには、ドラッグストアで売っているベンジンが効果的。裏側にタオルを敷き、ベンジンを染み込ませた綿棒で汚れた部分をトントン叩きます。
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
手で無理に引っ張らずに、
「ハサミでカット」します。
毛玉ができたら、ハサミでひとつずつ丁寧にカットしてください。手で無理に引っ張ると、次の繊維が出てきてしまい、それが新たな毛玉の原因になってしまいます。最初から毛玉をできにくくするためにも、脱いだあとのブラッシングを欠かさないようにしてくださいね。
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
お気に入りのニットを長く着るには? ニットケアにまつわる6つのQ&A
クリーニング後のビニールカバーは「外す」のが正解です。
シーズン終わりにはドライクリーニングへ。皮脂や埃は水洗いでは落としきれません。クリーニングから戻ってきたら、ビニールカバーは外しましょう。つけたままにしておくと、ビニール内に空気がこもってカビや変色の原因になります。

衣装ケースに収納する際は、綿のパーカーやスウェットなどを下にしまい、カシミヤなどのデリケートなものは上にしまいます。湿気は下のほうに溜まりやすく、下にあるのが綿であれば万一トラブルが生じてもリカバリーしやすいです。

収納時には防虫剤を忘れずに。衣類害虫は繊維自体が好物なので、服が汚れていなくても油断は禁物。特にウールのニットは要注意です。少し費用はかかりますが、クリーニングに出すときに防虫加工をしてもらうという手も。

PROFILE

谷村一美 | Hitomi Tanimura
株式会社白洋舍 クリーニング事業部 課長

主に百貨店の洗濯セミナーなどで講師として活躍中。家での衣類のお手入れからプロに任せる際のポイントまで、消費生活アドバイザーとして幅広くレクチャーしている。

白洋舍

出店施設

ららぽーと横浜店のみ、イトーヨーカドー内にございます。