LaLaport/LAZONA
  • HOME
  • TREND
  • 2018年は睡眠スタイルから見直す! 枕とパジャマを新調して快適な睡眠を手に入れよう
TREND

2018年は睡眠スタイルから見直す!
枕とパジャマを新調して快適な睡眠を手に入れよう

2018/1/12

「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 2017年の流行語大賞にもノミネートされ、急激に認識が広がった言葉ですが、状態としては日々、少しずつ睡眠不足が積み重なり生活や仕事の質が下がってくることをいいます。現代の人々の身体を蝕む「睡眠負債」を少しでも軽減するためにはまず、日頃の睡眠を見直すこと。そこで今回は、手軽に取り入れられる枕とパジャマに着目しました。

訪れたのは、日本橋にある「ロフテー枕工房」のショールーム。1928年より研究、開発を進めながら、多くのお客さまに快眠を提供しているロフテー枕工房で今回、広報を務める笹本さんに、枕選びのポイントを伺いました。

知らず知らずのうちに抱えてしまうのが「睡眠負債」です!

ロフテー 広報・PR担当

笹本志乃さん | Sasamoto Shino

――まず現代の人々の「睡眠」について教えてください。

笹本志乃(以下、笹本):日本人はどうしても、眠らずに働くことが当たり前とされている部分が未だにあります。男女問わず、現代の日本で働く人々は先進国の中でも慢性的に寝不足なんです。それに加えて、パソコンに向かっての作業やスマートフォンなど、電子機器に触れる時間も長くなってきており、交感神経と副交感神経の切り替えがきちんとできなくなっている。さらに生活がますます欧米化することで、骨格も変わりストレートネックの人が増えてきています。そんなさまざまな要因が重なり、多くの人々の睡眠の質が悪くなっているんです。

――確かにおっしゃるとおり、仕事も遊びもと走り回っていると寝る時間は少なくなるし、眠る直前までついつい携帯電話を見てしまいがちです。

笹本:そんな状態で自分の身体に合っていない寝具を使っていると、さらに睡眠の質は悪くなる一方ですよね。例えばベッドに入ってもなかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまったりする人。そういう状態が続き「何をやっても疲れが取れないし、不眠が解消されない」という人は一度、寝具を見直すことをお勧めします。 悪い習慣や身体に合わない寝具などの影響で「睡眠負債」を抱えてしまう可能性もあるんです。

――睡眠の「質」の大切さに改めて着目したいと思います。

枕を選ぶときに
着目すべきポイントは2つ
:顔の角度5度を意識する。

「両足に均等に体重を乗せた状態で、リラックスして立っている姿が理想的な睡眠の姿勢といえます。このとき顔のうつむき加減は約5度といわれています。この状態を保つために、身体と首のカーブに合った高さの枕を選びましょう。」

2:好みの硬さ、素材を選ぶ。

「枕の中の素材は、“これが一番いいです!”というものはなく、あくまで使う人の好みで選んでいただいています。子どもの時から慣れ親しんだ枕の感触や香り、素材によっては音もしますので、たくさんの枕を試したうえで好みの素材を選んでいただくようにしています。」

自分に合った枕を探す

 ロフテー枕工房では、睡眠の知識とコンサルティング技術を持ったピローフィッター®︎が、お客さま一人ひとりの首のカーブを測定して、身体に合う枕を一緒に選んでくれます。

まずコンサルティングシートを記入。現在使っている枕や寝具はもちろん、寝る時の姿勢や枕についての要望を書き込みつつ、子供の時の枕などについて記入していきます。

両足を揃え、リラックスして立ちます。このとき顔の角度が約5度うつむき加減になるのが自然な立ち姿となります。眠るときもこのバランスが重要だそう。

専用の機器を使って、首のカーブの深さを測定します。

コンサルティングシートをもとに早速、枕を試していきます。枕の下に肩がフィットするように頭を置き、沈み加減や首へのフィット感をみていきます。

仰向けで試したら、次は横向きもチェック。「私は仰向けでしか寝ない」と思っている人でも、一晩のうちに20〜30回程度は寝返りを打っているそうです。それを踏まえて、必ず横向きも試しましょう。

注目の枕は3タイプ!

頸部を支える基本の5分割構造

「頸部支持構造」

5つのピースをつなぎ合わせたユニット構造になった快眠枕です。中央のパーツが低めになっているため、後頭部がすっぽりと収まります。両サイドは高めに作られているので横向きの姿勢にも対応可能。

横向き寝に適した

「エスカルゴピロー」

横向き寝にも浅い、深いなど程度や傾向があるということで、浅めの横向き寝にフィットするエスカルゴピローは首と肩の収まりも良く短時間でもとてもリラックスできました。

これから取り入れたいのは

「S型ボディピロー」

最後に気になっていたのがS型のボディピロー。「抱き枕って邪魔?」なんて思っていたんですが、試すととっても落ち着くんですね。横向きになった時、身体が縦に折れ曲がるのを内側から支えてくれる役割もあり、とっても快適でした。また、いびきをかく人は横向き寝だと、軽減されます。寝姿を安定させるためにも、抱き枕は是非使っていきたい!

ロフテー枕工房

http://lofty.co.jp/

お古のTシャツにジャージ、スウェットなどをナイトウェアにしている人も、寝る時はパジャマに着替える習慣をつけましょう。何故ならパジャマは寝ている時、肌が安らぐ素材を選び、体を極力締め付けないように作られているからです。また「寝るために着替える」という気持ちの切り替えが、入眠のための儀式として効果的といえます。

une nana cool

(ウンナナクール)

袖のモコモコ素材がとってもキュートなパジャマセット。杢の裏起毛素材を使用しており、スウェットワンピースのような切り替えがアクセントになっています。ボトムはしっとりと心地よい肌触りのコットンスムースを使用。お尻まですっぽりと隠れる長めの着丈も◎。

<une nana cool> パジャマセット ¥5,832(税込)

無印良品

首回りのタグや両サイドの縫い目など、肌に触れる部分を取り除いたストレスフリーなパジャマ。オーガニックコットンを二重で編み立てたという生地は肌なじみ抜群です。優しくクラシカルなギンガムチェックが幅広い年代にマッチします。

<無印良品> 脇に縫い目のない二重ガーゼパジャマ 各¥4,980(税込)

SHIPS Days

(シップス デイズ)

清涼感あふれるストライプ柄のパジャマセット。ボトムのウエスト部分はフルゴム仕様になっており、快適な着心地を実現します。スタンダードなデザインだから、友人や家族への贈り物にも喜ばれそう!

<SHIPS Days> パジャマセット¥8,964(税込)

SHIPS Days

(シップス デイズ)

軽やかなコットン素材が心地よく、とことん開放感を追求したワンピースタイプのパジャマ。生地の知識に長けたファブリックブランド「Villon’d」とのコラボレーションにより、より快適な眠りを叶えてくれます。

<SHIPS Days by Villon’d> パジャマセット¥11,880(税込)

SHIPS Days

(シップスデイズ)

生地、ディテールからオーダーしSHIPS Daysでしか手に入らない完全別注のパジャマセット。レッド×ホワイトのバイカラーがポイントに。パジャマと共布で枕カバーもセットになっています。

<SHIPS Days by Villon’d> パジャマセット ¥13,932(税込)

自分に合った枕を探すならこちら

ロフテー枕工房

出店施設

じぶんまくら

出店施設

B-DESIGN

出店施設

パジャマ掲載店舗はこちら

une nana cool woman

出店施設

une nana cool

出店施設

無印良品

出店施設

SHIPS Days

出店施設